なまけものメガネの活動記録

暑さ寒さ早起きが嫌いな独身男の散歩と読書と思いつき記録

川越へ電気ボンネットバスを見に行く

凸型電気機関車やオート三輪など、普段あまり見かけない形をした乗り物に興味をひかれる。ボンネットバスやボンネットトラックもその一つである。

上田電鉄の城下駅へ5200系ステンレス車両を見に行く

どういう経緯だったか忘れてしまったが、7月下旬に上田電鉄の城下駅でステンレス車両が9月末ごろまで展示されていることを知り、訪問機会をうかがっていた。

高輪ゲートウェイ駅へ行く

久しぶりに晴れた休日。昼過ぎに何となく手持ちぶさたになって、地図を見ながら気晴らしに出かける場所を探す。

上信電鉄のデキを見に行く

銚子電鉄のデキに続いて、上信電鉄のデキを見に行った。

銚子電鉄仲ノ町車庫でデキ3を見学

最近、新しく凸型電気機関車に興味を持ち、色々と調べた結果、銚子電鉄のデキ3を見学に仲ノ町車庫へ行った。

柳瀬民俗資料館へオート三輪(くろがね)を見に行く

柳瀬民俗資料館へ行った。

4車線に並んだ埼京線

板橋駅の工事が進んでいる。改札が一つにまとまったことで、駅の東西方向への移動がかなり楽になった。

日本科学未来館の企画展に行く

日本科学未来館で開催されている企画展『工事中!立ち入り禁止!?重機の現場』へ行ってきた。

明治神宮でお祓い

お祓いをしてもらうため、明治神宮へ行った。

国立科学博物館『日本を変えた千の技術博』へ行く

国立科学博物館は金曜日と土曜日に20時まで開館していることを知り、夕方から特別展を見に行った。目的は、日本最初のブルドーザーである。

散髪する頻度と髪型の指定方法

学生の頃は、床屋へ行くのが嫌いだった。理由は、時間がかかるうえに思い通りの髪型にならないからだ。

オート三輪(ミゼット)を見に行く

練馬区立 石神井公園ふるさと文化館と葛飾区郷土と天文の博物館へ行った。目的はタイトルの通りオート三輪である。

佐藤優【著】『十五の夏(上下)』の行程図

佐藤優著『十五の夏』の上下巻をKindleで読んだ。

高松乗り物旅行

ほとんどの時間を移動するだけの旅行?に行ってきた。

金色の特急列車を撮る

先日、赤羽駅で電車を待っていると、金色で昔の新幹線のような形の特急列車が通過していった。気になって調べてみると東武鉄道の特急列車で「日光詣スペーシア」という列車だとわかった。

特急レッドアロー号で西武秩父に行く

平日の休み。特に予定もなく、晴れているので少し遠出したい気分。片道2時間ぐらいで座っていけて、往復5千円以内。

板橋区立郷土資料館と梅と東京大仏

平日の休み。外は晴れている。晴れているのに外へ出かける予定がないと、なんとなくもったいないような気がする。

新宿歴史博物館へ行く

新宿歴史博物館へ行った。「歴史博物館」と銘打ってはいるが、基本的には多くの市区町村にある郷土資料館である。

骨董ジャンボリーへ行く

東京ビッグサイトで開催されていた骨董ジャンボリーへ行った。

大田区立郷土博物館の特別展『麦わら細工の世界』に行く

大田区立郷土博物館へ行った。目当ては特別展『麦わら細工の世界』である。

たばこと塩の博物館 特別展「和モダンの世界 近代の輸出工芸」に行く

美術一般にはあまり興味は無いが、実用品にきれいな曲線などの装飾がついた工芸品には惹かれることがある。

池袋始発の山手線

ある日の夕方、池袋駅で大宮方面行の埼京線を待っていると、向かいのホームに山手線の始発電車が停車していることに気付いた。

竹芝客船ターミナルをぶらつく

特に予定のない休日の午後。翌日が仕事だとあまり遠出する気も起きないが、かといって昼寝などしてしまうと夜に眠れず起きるのが余計につらくなってしまう。

旧鳩ヶ谷市の境界標

将来の引越しに向けた候補地をいくつか見て回ろうと思い、まずは都内に乗り入れている割に今一つなじみのない、初乗り料金が少々高いことで有名な埼玉高速鉄道の沿線、南鳩ヶ谷駅周辺を観察に行った。

2017年 北区中央公園水施設と板橋駅東口噴水

休日の夕方に特に予定のない時間ができたので、北区中央公園のあたりを散歩した。

散歩の視点

この一年近く、散歩するときは下を見て、境界標を探しながら歩くことが多かった。

旧岩淵水門ライトアップ

定期的にチェックしている荒川下流事務所のツイッターで、花見シーズンに合わせて旧岩淵水門を3/31から4/9の18時から21時の間にライトアップするというお知らせを見つけた。

ワンデーパスで東京マラソン距離標集め

長かった冬も終わりを迎え、都営地下鉄が一日乗り降り自由になる「春」のワンデーパスの季節がやってきた。

埼京線はいつまで混むか

埼京線の通勤・通学ラッシュは相変わらず凄い。何かトラブルがあって電車が遅れると、ホームから人があふれてしまうほどだ。

駅の乗降客数

国土数値情報で、今まで見落としていた駅別乗降客数のデータが公開されていることを発見した。