なまけものメガネの活動記録

暑さ寒さ早起きが嫌いな独身男の散歩と読書と思いつき記録

地図を眺める

地図を眺めるのが好きだ。

基本は、自分が住んでいる周辺、思い立ったらいける範囲の地図。今度はどこへ行こうか、あそこから先には何があるのか、あの駅からこの駅までは歩ける程度の距離なのか等々、定規片手に地図を見ていると飽きることを知らない。

良く見る地図は、現在住んでいる東京都のライトマップルだ。初めての独り暮らしをはじめた頃に買ったので、2005年版だけれども、特に支障は感じない。あの頃は、まさか10年以上も住み続けるとは思いもしなかったのだが……。

手の届く場所においてあるので、何気なく手に取ってみて、(おやっ)と思ったところに次の休日出かけてみる。結果、拍子抜けしたり、こんなものかと思うこともある。

しかし、それが次に地図を見るときの思い出になって、何か経験値を稼いだような気分になる。

気になったことは、ネットで調べれば出てくるのだろうが、やはり自分で確かめたい。それで事前にあまり詳しく調べずに、地図で見た記憶だけを頼りに歩き、目的地にたどり着けずに大失敗ということも、たまにはある。

それでも、家に帰って地図を見ながら復習することで、少しずつ自分の頭に地図が刻み込まれて世界が広がっていくような、そんな楽しみが待っている。

各種散歩ガイドなどが出ているものの、比較的小さな名所はあまり取り上げられていない。すでに有名な場所以外にも、その周辺を歩いてみると、意外にも自分としてはそちらのほうが面白いといったような名所を見つけることもある。

あるいは、ちょっとした小ネタのような不思議アート系オブジェや建造物は、ほとんど注目されずに埋もれていることが多い。
それを見つけ出すのも一つの楽しみである。

地図だけを頼りに行ってみて、地図には描かれていないものを見つけたときの喜びや驚きは大きい。本ブログの最初の投稿である荒川ロックゲートなどはその代表だ。

こういう出会いがあるからこそ、目的地ばかりにとらわれず、時間に余裕を持って、ブラブラと散歩するのが楽しい。まるで理論と実践に例えられるかのように、地図を見て散歩する、という一連の行動がid:nmkmn-mgnの中に定着している。

それがブログをはじめたことで、記録・公開する、ということが加わって、楽しみが広がってきた今日この頃である。