なまけものメガネの活動記録

暑さ寒さ早起きが嫌いな独身男の散歩と読書と思いつき記録

23区を制覇する(実行編その1)

都営まるごときっぷの交通網だけを使って23区へ行き、行った証拠に各区の境界標を撮影する企画。以下は、2016年2月18日に実施した記録である。

朝、早起きが苦手なid:nmkmn-mgnにしては珍しく、6時前に目が覚める。
今までどこかへ出掛けるのは、自分の楽しみの為であったが、今回は初めてブログに載せることを意識した企画であり、失敗できないという緊張感を無意識に感じているのかもしれない。

<乗り継ぎ図*1

f:id:nmkmn-mgn:20160303095234j:plain

1.自宅~新板橋~西巣鴨(6:30-6:49)
ひとつでも早いバスに乗ろうと慌て気味で準備をして、6時30分過ぎに年季の入ったマンションを後にする。まるごときっぷを買うために新板橋駅へ寄り、西巣鴨バス停へ。
道中、「北区」「豊島区」「板橋区」を撮る。

2-3.西巣鴨~江北4丁目~江北(6:49-7:16-7:32)
初めて利用するバス。
どのくらい人が乗っているかまったく読めない。また、どこでどのくらい下車するのかも分からない。大量に降車すると思っていた王子駅でもそれほど降りず、これはずっと立ったままかと思っていたら、思わぬ場所で結構降りて座れる。

バスは本当に地元に根付いている感じで、普段使っていないと、どこでどのくらい乗り降りがあるのか分からない。

バス停から舎人ライナーの駅まで歩きながら「足立区」。

4.江北~日暮里(7:32-7:46)
バスで渡った荒川を、電車で戻る。通勤時間帯に差し掛かり、結構混む。到着した日暮里駅周辺で「荒川区」。

<ここまでの成果>

f:id:nmkmn-mgn:20160303095432j:plain

5-6.日暮里~東武浅草~本所吾妻橋(8:00-8:21-8:51)
ほぼ5分間隔でバスが出ており、始発の為、座れる。ようやく一息つくような気持ち。

到着した東武浅草駅周辺からは、隅田川越し、スカイツリーが良く見える。吾妻橋から熱心に写真を撮る人を横目に視線は路面へ落とし、歩いて本所吾妻橋へ向かいながら「台東区」と「墨田区」。

7.本所吾妻橋~亀戸(8:40-8:51)
バスが少ない前半の難所に到着。バス停で時刻を確認するとすぐに来ることが判明し、来たバスに疑いも持たず乗車。
乗客は数人しか居らず、難関と思っていたバスにスムーズに乗れ、軽い気分で目的地の「四つ木橋」周辺地図を眺める。

しばらく行くと、「次は終点、亀戸」の案内が流れる。一瞬頭が真っ白になり、続いてパニックに陥る。どうやら乗るバスを間違ったらしい。放心状態で亀戸駅の前にたたずむ。

折り返してもとの想定ルートに復帰するか、中止して今日は帰ろうかなど様々な考えが頭をめぐる。出した答えは、当初この時間帯に行く予定だった葛飾区へJRを使って行く、という決断だった。

こんなことでは企画倒れじゃないか、なぜもっとバスの行き先を確認しなかったんだ等、とりとめもなく浮かんでは消えるを繰り返す思いを断ち切って、JRの改札を通る。

<都営だけのはずだったのに…Suica印字記録断片>

f:id:nmkmn-mgn:20160303095725j:plain

8.亀戸~新小岩(9:05-9:10)
いつまでも気落ちしていても仕方ないので、気持ちを切り替え「葛飾区」。ただ、区章は「カ」である。分かりやすくていいが、もっと他になかったのかと、バスを乗り間違った苛立ちを区章にぶつける。慣れない早起きと多くの路線乗換で早くも疲れを感じ始める。

9.新小岩~船堀(9:26-9:46)
JR新小岩駅と新宿線船堀駅の間は、頻繁にバスが行き来している。最初の案では、船堀駅から新小岩を往復する形で葛飾区へ来る予定だったので、バス路線があることがわかっていたのが不幸中の幸い。船堀で「江戸川区」。

10.船堀~大島(10:21-10:31)
荒川を渡るときに、荒川ロックゲートが良く見えた。見知らぬ土地で目的地を目指しつつ境界標を探すのは思った以上に神経を使う。また、バス乗車ミスもかなり精神的ダメージを受け、中断の二文字が頭に浮かぶ。

地図を見て、予定していた菊川駅よりも大島駅が江東区にすっぽり入っているので、大島駅で降りて「江東区」ゲット。しかし、隣に江戸川区があるのにもかかわらず「江」。区章タイプを探したいが時間が気になるので切り上げる。

<ここまでの成果>

f:id:nmkmn-mgn:20160303095902j:plain

11-12.大島~馬喰横山~岩本町(10:21-10:31-11:00)
降りた馬喰横山周辺で「中央区」。別のタイプの境界標を探しながら歩いていると、区をまたいだようで「千代田区」が現れる。

13-14.岩本町~神保町~三田(11:01-11:11-11:23)
馬喰横山から岩本町まで歩き、電車の中で自分と相談。
疲れた体を引きずって無理をしても、自分が楽しみながら出来なければ意味がない。

今日は今後に向けた第一歩と捉え、いくつかの教訓も得られたので、今回は三田で「港区」を撮り終わったところで中断することを決意。

<ここまでの成果>

f:id:nmkmn-mgn:20160303100520j:plain

<行程表>

f:id:nmkmn-mgn:20160303102454j:plain

※注意

記載した時間は、自分の時計などを参考にしている為、正確ではありません。電車やバスの路線については、実施日時点のものです。

【教訓】
バスは行き先をよく確認。ひとつのバス停を複数の路線が共有していることもあるので要注意。

行程表や参考資料をファイルに入れて持ち歩いたが、取り出しの手間、時刻表の確認、発着時間の記録のしやすさを考えると、やはりスマートフォンが便利だと痛感。

初めての土地で時間制限があるなかで行動するのは、かなりの集中力を費やす。移動中に座れても、次のことを考えたり周辺地図を復習していると緊張が解けず、疲れが蓄積していく。
この次は午前と午後に分けて、二日連続で実施することを考える。

*1:「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(東京)及び鉄道(全国)、バスルート・バス停留所(東京)データ)」をもとにid:nmkmn-mgnがQGIS、画像ソフトを用いて編集・加工」