なまけものメガネの活動記録

暑さ寒さ早起きが嫌いな独身男の散歩と読書と思いつき記録

QGISメモ

たいした使い方はしていないものの、QGISの便利さは使うたびに痛感している。

ただ単に目標物の位置やルートを知るだけであれば、一般の地図で十分だろう。
特定の情報だけ表示させたいとか、ある場所からの範囲を図示したいというような、地図の情報を加工したい時にQGIS等のGISソフトが活躍する。

最初のうちは専門用語に悪戦苦闘しながら、地図を表示させるだけでも苦労した思い出があるが、何とか少しずつ使える機能を増やしてきた。ただ、その機能の多さゆえ、しばらく使わないとどこに何があったか忘れてしまう。

そこで、GIMPと同じく覚えたことをメモしておきたい。QGISのバージョンは2.12です。

データソースは国土数値情報 ダウンロードサービスが非常に充実しているのでid:nmkmn-mgnが必要なレベルはここだけで十分である。

国土数値情報のトップページから、自分が必要とする情報が入っていそうなデータにあたりをつけて、データ情報ページの仕様書や記載事項を読む。

ダウンロードしたShapefileは、いくつかのファイルで構成されているが、読み込んでしまえば基本的にデータベースのように扱え、どのような項目が収録されているかが重要な鍵になる。

例として行政区域の栃木県データを読み込んでみる。
読み込んだ直後は、濃い色で表示されることが多いので、レイヤパネルから該当データを右クリックして、プロパティから色を変更する*1

「スタイル」で色を変更したり、市町村別に色分けできる。
色分けするには、「分類された」を選び、市町村ごとに色分けしたいので、カラムにデータ情報ページで確認した、市町村データが入っている項目記号を選択し、「分類」ボタンを押す。さらに「ラベル」で「このレイヤのラベル表示」を選んでラベルに色分け時と同じ項目記号を選択する。

f:id:nmkmn-mgn:20160723110932j:plain

上記の設定で、市町村名とともに色分けされた栃木県が表示される。
拡大したりしてざっと見てみると、栃木県に村はなく、飛び地を持つ市町が三つあることが分かる*2

<市町別に色分けで表示した栃木県と飛び地*3

f:id:nmkmn-mgn:20160723111135j:plain

次に、一旦これらの設定をリセットして、国土数値情報から栃木県の川データをダウンロードしたものを新たなレイヤとして読み込む。
データには川幅が設定されていないので、「スタイル」で見やすい色と太さに変更する。


ここで、表示させる川を荒川だけに絞るため、レイヤパネルで川データを右クリックして「フィルター」を選択する。
データ情報ページで確認したところ、「W05_004」に川の名前が入力されいているので、フィルタ条件式に「W05_004 = '荒川'」とすると、見事、荒川だけが表示された。

これでは電車で行けるかどうか分からないので、再び国土数値情報から「鉄道」データをダウンロードして新たなレイヤとして読み込む。
鉄道データは、路線と駅が別ファイルとなっているので両方を読み込み、スタイルを調整する。

<栃木県の川、栃木県の荒川、栃木県の荒川と鉄道*4

f:id:nmkmn-mgn:20160723111645j:plain

鉄道データは全国を網羅しており、栃木県だけの状況を調べている限り、他県の路線は必要ないので、栃木県と重なっている部分の路線だけを表示させる。

それには、メニューバーの「ベクタ」から「空間演算ツール」の「交差」を選ぶ。
入力ベクタを鉄道路線、交差レイヤを栃木の行政区域に設定し、出力されるファイル名を入力したのち「OK」を押す(入力ベクタに指定した側が切り取られる側になるので順序に注意する)。

直後は、元になった鉄道路線も表示した状態となっているので、レイヤパネルで非表示設定にして結果を確認する。駅データについても同様の操作をすると、栃木県内の駅と路線だけの表示が可能となる。

<交差を使って栃木県の荒川と鉄道を表示*5

f:id:nmkmn-mgn:20160723111811j:plain

ここまで来たら、定規ツールで駅からの直線距離を測ってみる。
視覚的に面白いのは、駅を中心としたバッファ距離表示かもしれない。

「ベクタ」から「空間演算ツール」の「バッファ」を選択。
入力レイヤに駅データのファイル名を選択し、バッファ距離と出力ファイル名を入力して「OK」。

バッファ距離の指定は、度で入力しないとダメらしく、概ね1秒当たり30.9メートルで計算し、例えば3km範囲を表示したい時は、
3kmを秒で表す:3000 / 30.9 ≒ 97.08737864 秒
秒を度に変換:97.08737864 / 3600 ≒ 0.02696871629
を入力する。結果を定規ツールで測ってみると誤差5%程度には収まっているので、id:nmkmn-mgn的な実用レベルでは問題ないのでこれで良しとしている。

<栃木県の荒川最寄り駅から3km範囲*6

f:id:nmkmn-mgn:20160723112148j:plain

ブログを始め、地図にちょっとした書き込みをしたいと考えて検索した結果たどり着いたQGIS。半年かけてようやくここまで習得することができた。

夏は暑くて外に出て動き回る気にもなれないので、この夏で、もう少しQGISの使い方を学ぼうと思うid:nmkmn-mgnだった。

*1:メニューバーのレイヤからでも選択できる

*2:良く調べればもっとありそう

*3:「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(栃木))」をもとにid:nmkmn-mgnがQGISを用いて編集・加工」

*4:「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(栃木)及び川(栃木)、鉄道(全国)データ)」をもとにid:nmkmn-mgnがQGISを用いて編集・加工」

*5:「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(栃木)及び川(栃木)、鉄道(全国)データ)」をもとにid:nmkmn-mgnがQGISを用いて編集・加工」

*6:「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(栃木)及び川(栃木)、鉄道(全国)データ)」をもとにid:nmkmn-mgnがQGISを用いて編集・加工」