なまけものメガネの活動記録

暑さ寒さ早起きが嫌いな独身男の散歩と読書と思いつき記録

QGISで廃線探し

国土数値情報のダウンロードページを見ていると、実に様々なデータが提供されている。

何か面白そうなデータがないか探してみたら、「鉄道時系列」という項目を見つけた。細かな説明を読んでいくと、現存する路線を含めた数多くの路線が供用開始・終了年のデータとともに収録されているようだ。

ダウンロードしてQGISで表示してみたが、運営会社が変わっただけのものも終了扱いになっているらしく、今ひとつ現在との比較で見ることができず、分かりにくい。

現在使われている路線と、廃線になった路線がひと目で分かるような図にできないか考えてみた結果、鉄道時系列データを2回読み込んで片方は現役路線、もう一方は廃線を表示させるようにフィルター設定することを思いついた。

すると今度は一目瞭然、廃線の位置関係がはっきり分かる地図になった。

<現役路線(緑)と廃線(赤)*1

f:id:nmkmn-mgn:20160801202220j:plain

※沖縄はモノレール線(2003年~)だけなので地図から除いています。

結果を見ると、北海道は廃線の宝庫だったり、東京周辺も拡大してみると、かつての都電が数多く廃線として記録されている。

<東京周辺*2

f:id:nmkmn-mgn:20160801202801j:plain

しかし、都電に関しては記録されていても、廃線跡として残されているものはあまりなさそうで、地名や位置関係から、ここにあったらしい、と往時を偲ぶくらいしか出来なさそうに感じる。

それでこそ変わり続ける街としての東京という気もするが、現在の都電荒川線が走っている様子を見ると、道路のあちらこちらを似たような都電が走っていた風景を見てみたかった気もする。

そう思いつつ、せっかくこれだけの廃線があることが分かったのだから、気軽に見に行けることができそうな廃線がないか探すid:nmkmn-mgnだった。

*1:「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(全国)及び鉄道時系列)」をもとにid:nmkmn-mgnがQGISを用いて編集・加工」

*2:「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(全国)及び鉄道時系列)」をもとにid:nmkmn-mgnがQGISを用いて編集・加工」