なまけものメガネの活動記録

暑さ寒さ早起きが嫌いな独身男の散歩と読書と思いつき記録

Suica支払い

近頃、コンビニやスーパーなど、至るところでSuica支払いができるようになってきた。

コンビニでは、各社レジの仕様が違い、ローソンが一番微妙といえば微妙だろうか。

<2016年12月21日追記>
2016年12月12日以降、ローソンの読み取り機が更新されています。
参考:ローソン 利用できるお支払方法

Suicaを使うことを申告すると、タッチパネルに表示されたSuica支払いボタンを押さなければならない。

とはいえ、店員(レジ)側にもSuicaボタンがあるようで、ローソンであることを忘れて、カード読み取り機にSuicaを置いてボケーとしていると、向こうで押してくれることがある。

客がタッチパネルのボタンを押す意味がいまいちよくわからなかったのだが、観察してみると、店員が品物をビニール袋に入れる時間稼ぎのように思えなくもない。

タッチパネルのボタンを押して、Suicaの読み取りが終わるまでの数秒程度、ピピっと鳴って支払いが完了し、カードをしまって、ビニール袋を受け取ろうと手を出すとちょうど持ち手をこちらに向けて差し出してくれるタイミングに合う気がする*1

一部のスーパー等に設置されている後付けの読み取り機はさらに微妙で、Suica支払いを宣言すると、店員がわざわざ金額を入力する必要がある。

しかも、店員が読み取り機に金額を入力するタッチパッドが、使いすぎた結果、反応が弱くなっていて入力に手間取っているのを見ると、Suicaの便利さが打ち消されているように感じる。

そのうえ、支払いの結果を、レジ本体に再度入力して支払い明細を出力するという二度手間で、小銭のやり取りが発生しない代わりに、かえって無駄な負担が店員にかかっているように思われる。

入力ミスすると返金処理が面倒らしく、間違えないように確認しながら金額を入力するので、もはや現金でやり取りしたほうが早いような気がしてくる。

昔に比べたら、間違いなく早くて便利になっているのに、ほんの数秒待つ程度でもイライラしてしまうもので、慣れというものの恐ろしさを感じるid:nmkmn-mgnだった。

*1:買う量にもよるが