なまけものメガネの活動記録

暑さ寒さ早起きが嫌いな独身男の散歩と読書と思いつき記録

高輪ゲートウェイ駅へ行く

久しぶりに晴れた休日。昼過ぎに何となく手持ちぶさたになって、地図を見ながら気晴らしに出かける場所を探す。

以前からまとめておいた、そのうち行くつもりの公園一覧を見てもピンと来る場所がない。特に必要な買い物も無く、何処へ行こうか悩んでいる内に時間だけが過ぎていく。

このままだと、いつもの散歩ルートか、無難な図書館に落ち着きそうな気配になりそうだという予感がしたとき、ふと高輪ゲートウェイ駅に行くことを思いついた。

もうそろそろ開業当初の混雑も落ち着いているだろうし、都内から出ること無く、午後の数時間をつぶせそうな、ちょうど良さそうな感じがして、ほんの数分前まで何処へ行くか悩んでいたのが嘘のような速さで準備を整えて外へ出る。

新宿から山手線で高輪ゲートウェイ駅へ向かう。基本的に池袋より南側は行くことがほとんど無く、特に原宿や渋谷辺りは若い世代の乗り降りが多い気がして、なんとなくアウェー感が強い。

そんな場違い感を何とかやり過ごして高輪ゲートウェイ駅に到着。ほとんど降りる人はいない。

f:id:nmkmn-mgn:20200810112055j:plain

高輪ゲートウェイ駅

まだ新しくきれいな駅を端まで歩く。隣を見ると、もう一つホームがあり、山手線だけが止まるのかと思っていたが、京浜東北線も停車することを今更知る。

端まで行って眺めると、見覚えのある特急列車がいる。サンライズのようである。以前乗ったのは、2018年の高松乗り物旅行の時だからずいぶん前の話だ。そのうち、また乗りたいと思いながら写真を撮る。

f:id:nmkmn-mgn:20200810112659j:plain

更に反対側の端まで歩いてみると、やはりこちら側にも別の特急列車がいた。ホームにいると次々とくる電車に加えて、留置されている車両も見られ、眺めているだけでも楽しい。

ホームからエスカレーターで上がると、広々としたコンコースになっていて、先ほど眺めた留置線を上から見ることができる開放的な空間である。

恐らくはじめて目にする特急を見つけ、帰ったら調べようと考えて写真を撮る。

f:id:nmkmn-mgn:20200810112755j:plain

Wikipediaによると高輪ゲートウェイ駅の本格開業はまだ先の2024年で、確かに一部の階段はまだ使えなかった。

f:id:nmkmn-mgn:20200810113012j:plain

帰宅後、復習のつもりでJR東日本の高輪ゲートウェイ駅の構内図を見てみると、3Fのデッキの存在に気づく。

改札を出て泉岳寺まで歩くより、駅構内をもっとブラブラ歩いて隅々まで観察すれば良かったと思うid:nmkmn-mgnだった。

f:id:nmkmn-mgn:20200810113200j:plain