なまけものメガネの活動記録

暑さ寒さ早起きが嫌いな独身男の散歩と読書と思いつき記録

上田電鉄の城下駅へ5200系ステンレス車両を見に行く

どういう経緯だったか忘れてしまったが、7月下旬に上田電鉄の城下駅でステンレス車両が9月末ごろまで展示されていることを知り、訪問機会をうかがっていた。

暑さがひと段落した天気の良いタイミングを逃さずに、日帰りで展示を堪能してきた。

上田電鉄の城下駅までは、北陸新幹線の上田駅からひと駅だが、現在は、2019年の台風の影響で不通となっており、代行バスが運行されている。

しかし、上田駅から1㎞ちょっとなので、景色を眺めながら歩くことにした。

千曲川を渡るときに、上田駅から城下駅間が不通になっている原因を見ることができる。台風の際、橋梁が被害を受けたためだ。

f:id:nmkmn-mgn:20200902090246j:plain

橋梁がつながっていない

橋を渡ってしばらく歩くと左手に駅らしきものが見え、カメラを構えている人が数人いたので、目的地に到着したのだと分かった。

展示車両は、無料の撮影ポイントからでも十分間近に見ることができるが、せっかくなので記念に真鍮車号板とキーホルダーを購入して線路を渡り、ホーム側からの撮影も試みる。

f:id:nmkmn-mgn:20200902090410j:plain

無料撮影ポイント

f:id:nmkmn-mgn:20200902090431j:plain

ホーム側から撮影

f:id:nmkmn-mgn:20200902091416j:plain

後ろ姿

f:id:nmkmn-mgn:20200902090525j:plain

使用側の線路には車止め

運転台に入ることもできるが、とにかく狭くて、運転するためだけの部屋という感じがした。

一通り撮影が済んだら、切符を購入して別所温泉まで30分ほど乗車。実際に電車に乗っていると、やはり乗り物は、動いてこそ、乗ってこそのものなんだなぁという感慨が湧いてくる。

のんびり揺られながら別所温泉につくと、今度はモハ5252(丸窓電車という愛称らしいが、実際の丸窓は側面の2枚だけ)が展示されているのを見つけ、思いがけない事態にびっくりしながら写真を撮る。

f:id:nmkmn-mgn:20200902090742j:plain

丸窓電車

別所温泉駅では、北向観音などをぶらぶら見て回り、さすがに温泉につかると汗が止まらなくなりそうなので、飲用の温泉を手で感じる程度にして帰路についた。

f:id:nmkmn-mgn:20200902090845j:plain

お湯が出ている

上田駅に戻ってからは、境界標を探して周辺を探索した。六文銭のマークがついた上田市の境界標でもあったら面白いと思ったが、さすがにそれはなかった。

f:id:nmkmn-mgn:20200902090915j:plain

上田市境界標

本来であれば、上田城などを見物して、土地の食事を頂くのだろうが、どうしても自分が興味のあることのほうに引っ張られてしまう。食事も、駅の売店で買った「おやき」で済ませてしまった。

数日前までは雨予報が出ていて、一時は上田行きを諦めていたが、幸運にも晴天に恵まれて目的のステンレスカーを間近で見ることができた。

非常に良い印象で今回の旅行を終えたので、2021年3月の復旧を目指して工事が進められている不通区間が復旧したら、また上田電鉄に乗りに来ようと思うid:nmkmn-mgnだった。